ミヤザキノヒガシガワ

なんちゃって宮崎情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自家製麺 縁らぁめん

宮崎県都農町にある、わたしが個人的に愛してやまないラーメン屋さん、「自家製麺 縁らぁめん」さんにかなりかなり久しぶりに行くことができました!!!

DSC03372_R.jpg

宮崎市からだと、車で1時間弱。
通りすがりにちょいと寄る、という感じの場所ではありません。

今日は「食べに行く!!」と、決めていかないとなかなかいけません。
でも、そう思って行く価値は充分あるのです。

DSC03360_R.jpg

でも、そんな価値があるお店にもかかわらず、その思いを持てないほど最近は仕事が忙しくてたまの休みも宮崎市内でだらだらしてました。

なので、今回行くことが決まって、オットは朝からワクワクです!

DSC03362_R.jpg

さて、お久しぶりのメニューです!

DSC03363_R.jpg

あぁ、どれも食べたい!と思わせてくれる素敵なラインナップです。

DSC03364_R.jpg

何度読んでもこだわりがすばらしい!

DSC03365_R.jpg

食べて納得、こだわりを感じて納得の素晴らしさです!

でもって、結局は以下のメニューを、さあ、注文しましたよ!

DSC03366_R.jpg

↑まずは、じいちゃんとムスメが食べた、『こくしおらぁめん』
あっさりの塩ではなく、とんこつばりに主張をしてくる塩らぁめんです。

DSC03367_R.jpg

↑こちらは、『辛味噌らぁめん』最後までスープを飲み干しちゃえる絶妙な辛さと旨さです。

DSC03368_R.jpg

↑続いて、『支那そば塩』です。添加物や濃い味には相当気をつかっているばあちゃんでも納得の安心感のあるラーメンです。

DSC03369_R.jpg

↑そして最後は、オットが選んだ、こちらのご主人が数年の歳月をかけて産み出した至極の逸品『濃厚醤油らぁめん』です。

濃厚な醤油というタイトル通り、口に運び喉を通るまでは、オレは醤油!という主張をしっかりとしてくるラーメン!

しかしこのラーメンだけではなく全てのメニューに言えるのですが、食べ終わったあとの引き際が見事で、うわぁ食べ過ぎて気持ちワリィということが全くない、最後まで食べている時の「味」の満足感を残したままにできる、味の編集力にもうメロメロで参りましたという感動で終われるラーメンです。

DSC03370_R.jpg

↑男子は、チャーシューごはん(小)をセットにすることをオススメします。


数年ぶりの「縁らぁめん」さんでしたが、予想通り味に迷いはなく、ご主人が己の道をさらに極めているな!と、感じさせてくれる「進化」をされていました。

失礼ながら行きづらい場所にもかかわらず、来客も常に途切れることはなく、足を運ぶ顧客がしっかりついているというところがこの店の日々の努力の成果なんだろうなと思いました。

街の中と違い、世代を超えたファミリーで来店されているのも印象的でした。

薄味派が多くなる年配の方、子供には添加物なしで、ヤング~中年層まではしっかり味を!というどの世代にも対応できるラインナップを用意されているところが、この人気をさらに支えているのでしょうね。

仕事の都合で次いついけるかはわかりません。それだけがいつも気持ちを凹ませるのですが、ご主人さんとその奥様のお人柄のよさが「味」にも「雰囲気」にもあふれていて、早く次いきたいなと思わせてくれます。

ラーメン屋さんとしては、宮崎ではこの「縁らぁめん」さん。となりの鹿児島では「一軒目」さんがボクの中で最高のラーメン屋さんなのですが、なぜかうちから遠いのが本当にザンネンなのです!

ボクはなかなか行けませんがみなさんはぜひたくさん行かれて下さいね!


縁らぁめんさん⇒ http://enramen.blog82.fc2.com/


スポンサーサイト

| 自家製麺 縁 らぁめん | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://miyazakieast.blog32.fc2.com/tb.php/846-94932236

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。